アウトドアを始めたくて猟師に。面白いと思ったことを発信中

新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ

youtube動画投稿 独立開業記

動画の毎日投稿をおすすめしない理由。日刊更新したほうが良い場合は?

投稿日:

動画を毎日投稿=再生数が増える というわけではありません。

 

「有名なvtuberは毎日動画更新してるよね。俺もしたほうが良いのかな?」

 

それは勘違いかもしれません。

動画を毎日更新するとどうなるのか。

普段と違う投稿ペースがもたらした利点と欠点をまとめました。

 

動画投稿歴5年。1ヶ月で32本の動画を更新したのは初めてです。

現在のチャンネル登録数はyoutubeが2万5千人、ニコニコ動画が6500人くらいです。

※この記事は3分で読めます。




動画を毎日投稿するメリット

効果とメリット

【時短術】が手に入る

投稿タイミングやストックの作成、エンコのタイミングなどが命。

明日の動画を作りながら今日の投稿作業をする。

生きていれば飯を食ってトイレに行く必要もあります。

ダラダラと作業していてはとても間に合わず、嫌でも作業を最適化することができます。

 

投稿までの流れが日常化する

投稿者あるあるですが、期間が開くほどモチベは下がっていきますよね。

毎日投稿を続けていれば、動画の作成や編集が日常に溶け込んできます

投稿の習慣化は、投稿を長く続けるなら歓迎すべきことですね。

 

やりたいネタやゲームを我慢しなくて済む

良くも悪くも動画やコンテンツが爆速で消化されていきます。

生活の中で常にネタを探すようになります。

即投稿したらストックを貯めこまないため容量いっぱいで…みたいなことになりにくいのでストレスフリー。

ネタを思いついたら即行動に移せるのは強みですね。

 

露出の機会が増える

日刊更新と週間更新では、露出の機会は単純に7倍。

内容が同レベルであれば、どちらが先に伸びるかは明らかです。

 

動画を毎日投稿するデメリット

デメリットとメリット

費用対効果に見合わない。疲れる

毎日更新と言えば聞こえが良いですが、それに見合った効果があるかと言われれば微妙です。

動画が伸びれば良いのですが、無理に毎日更新して逆効果だったら凹みます

 

編集時間が足りずクオリティが低下する

毎日更新をいつまで続けるかにもよりますが…。

投稿を始める時のモチベーションは常に維持できるわけではありません。

リアルの都合が入ることもあります。

そうなれば毎日更新のためにクオリティが犠牲になります。

毎日更新というだけの低クオリティ動画になってしまいます。

 

ストックを用意して毎日更新を続けることはできますが、それもどこかで追い詰められます。

ストック投入→休止期間→ストック投入…

このスパンで投稿するくらいなら、毎日更新を止めてストックを作りつつ動画を作成できるペースで定期的に投稿するほうが伸びます。




ストック必須であるため、もらったコメントの反映が難しい

パート1にて「音を大きくした方が良い」というコメントをもらったとします。

しかし毎日更新するためにはストック作成が必須であり、パート2どころか10まで作成済み…。

そうなると、もらったアドバイスをすぐに反映できません

ストックはあるほうが良いですが、ストックがありすぎて小回りが利かなくなるのはデメリットです。

 

すぐにコンテンツを消費してしまい、短命で終わる危険

毎日更新は露出が増えると書きました。

しかし、逆に投稿した動画一つ一つの露出時間は減ると思ってください。

 

原作の小説がアニメやドラマにすることはよくあることですが、その多くは連載中の作品を題材にしています。

それは、現在進行形で原作にホットなファンがついているからです。

逆に完結済みであった場合は、よほどの名作やコアなファンがいない限り取り上げられません。

 

動画投稿においてもそれは同じです。

私の経験上、一つの動画シリーズ20本を20日で毎日投稿するのと、3日ごとに60日で隔日投稿する場合は、高確率で3日更新の方が伸びます

せっかく宣伝してもらったりファンが増えても、そのファンがやってきたときに既に完結してしまっていては、それを残念に思う人がいます。

 

過去の名作よりも、高頻度で更新される現在の名作の方へ人は集まります。

もちろん長い目で見れば違ってくるかもしれませんが、それでも現在活動中という強みは活かすべきです。

投稿した動画を大切にするなら、視聴者があなたの動画シリーズを楽しみに待ってくれる期間を把握し、最も投稿動画を活かせる投稿ペースを考えてみましょう。




視聴者の視聴ペースを超えれば動画離れを引き起こす

視聴者が見ているのはあなたの動画だけではありません。

視聴するつもりだった番組を見逃した。

視聴する時間がなくて、気付けば終わっていた。

あー、もう見なくてもいいかな」となったことはありませんか。

 

自分の作品を視聴してくれる人に配慮するならば、毎日更新は逆効果かもしれません。

100人の視聴者がいたとして「徹夜してでもこの作品を視聴したい!」という人は10人もいません。

 

1日1時間の余裕がある人でも、その時間を他に使う日もあります。

 

それならば隔日更新にして、空いている日に視聴できるようにした方が多くの方が動画を追えるのではないでしょうか。

単発の動画で好きな所だけ見れば良いならともかく、シリーズ化しているならなおさらです。

 

初期ブーストのために3本日刊更新し、あとは3日に1本で投稿するなども良さそうですね。

動画を楽しみにしてくれている人の首が長くならず、惰性で視聴している人でも付いてこられる投稿ペースを考えることが大切だと思います。

まぁ私はできてませんけど考えるだけならタダです

 

どっちだよ?毎秒更新しろと言われて実際に投稿してみた結果

↓この動画シリーズです。毎秒更新はさすがに無理でした(笑)

気付いたことはメリットデメリットですでに書いていますので、結果とやってみた感想を。

 

毎日投稿作品の数字の話

結論から言って、チャンネル登録が減りました

再生数も伸び悩み、動画一本当たりのコメント数も少ないです。

パート1に頂いたコメントの反映がパート5になり申し訳なくなりました。

ジャンル違いの投稿だということもありますが…それ以上に、明らかに視聴者が追い付いていない感覚があります。

0からチャンネル登録を増やすなら毎日投稿もアリだけど、既存の視聴者には優しくないなという印象。

 

毎日更新をしてみた感想

なんだかんだ高頻度投稿が喜ばれると嬉しいです。

「今日も投稿乙!」 と動画を追ってくれる人がいる喜び。

惰性で見てくれる視聴者を突き放しかねない行為であることに目を背ければ幸せです(;'∀')

 

なんかすごい投稿している感があります。

オレ、イマ、シゴトシテイルー!!」 こんなかんじです。

脳汁が出て気持ち良いですね。

 

ただし疲れる。疲れます。ふぅ。

youtube専業にでもならない限り続けられるものではありません。

 

毎日更新をするべきタイミングは?

時間更新

ここまで読んでくれた方は、

毎日更新って意外と良いことないなぁ…」と思っているかもしれません。

しかし、毎日更新したほうが良い場合もあるのです。

 

投稿初心者が0から売り出しする場合

数撃てば当たるの法則は、割と正解です。

毎日更新ができるというのは、初期ブーストという意味では最強です。

最初は難しいことを考えずにガンガン投稿するほうが良いでしょう。

 

読み切りタイプの動画の場合

どこから視聴しても楽しめる。

いわゆるシリーズものではない単発の動画なら、毎日更新のメリットが上回る場合もあるでしょう。

youtubeで多いのは、ノウハウをサクッとしゃべるだけの動画ですね。

単発メインで一見の視聴者を想定するなら、とにかく動画数を増やすのは結果につながると思います。

 

トレンドの場合

多少クオリティが高い程度ではすぐに埋もれてしまう戦場の最前線。

トレンドで勝つには、球数や素早さは大きな武器でしょう。

残念ながら私はトレンドで勝ったことがないため想像の話です。




ランキングに載った場合

動画が上位表示されたりランキングに載った場合などは、熱が冷めないうちに次弾を投下することでランキングの恩恵を受けることができます。

いわゆる初期ブーストからの居座り戦術です。

毎日更新とまでは言わないものの、この時期はとにかくマメな更新が大きな結果につながります。

ここだけなら、多少クオリティが下がっても乱発したほうが強いです。

 

多数の視聴者がそれを望む場合

毎日垂れ流すからこそ付いてきてくれるファンもいます。

自分の動画を視聴してほしい層のことを意識しましょう。

ただし、コメントは視聴者の総意ではないことに留意しましょう。

 

毎日更新を売りにする場合

例えば、自分の体重の推移を毎日報告する動画。

例えば、ゲームで毎日の対戦成績や上達ぶりを見てもらう動画。

などなど。

毎日更新そのものに意味が出てくる場合があります。

 

自信と覚悟がある場合

モチベがかつてなく高まっている場合。それを維持できる人限定です。

1000人いたら5人いるかどうかだと思います。

下手にPCDAサイクル回して理屈を捏ねるより、とにかく膨大な作業量で結果を出せる変態が存在します。

その手の野獣は放っておいても檻をぶち破るため、この記事は無意味です。

というかそんな人はこの記事をここまで読んでないと思います。

 

まとめと結論:日刊更新はメリットよりデメリットが多い

・毎日投稿にこだわる必要性は薄いが、毎日更新が効果的な状況もある

・自分の動画が視聴者に届く、最適なタイミングを計るべき

・毎日投稿を売りにする場合、ジャンル、実力、クオリティ、時間、覚悟が揃う場合のみ威力を発揮する

・一般投稿者の理想は数日に一回の更新。ただしジャンルやスタイルによるところが大きい

 

あとは、少なくとも日刊宣言はしない方が良いですね。誰も徳しないです。

結果的に高頻度になり、それが喜ばれるという形が理想だと思います。

特に普段から動画を投稿している人は下手に日刊更新に切り替えると大失敗をする危険があるためおすすめしません。

 

結局のところあなた次第です。答えはありません。

何のために毎日更新するのか。それによって何が得られるのか想像しましょう。

毎日更新が無条件で素晴らしいというわけではないことを伝えたいだけなのに長くなっちゃいました。




↓動画の投稿時間はいつが良いかについてもまとめていますのでご覧ください。

youtubeやニコ動でおすすめの投稿時間ガチ解説。いつ、何時。タイミングは?【初心者向け】

参考になったのなら、他の動画関連記事も覗いてみてください。どれも魂こもってます。

またお会いしましょう(*´ω`)

The following two tabs change content below.

カエデ

兵庫で猟師とパソコン先生をしているカエデです。 アウトドア派に見せかけたインドア&ネット大好き男性です。 29歳になりました。新しいこと、感銘を受けたことにはとりあえず手を伸ばしてみるタイプです。 狩猟、パソコン出張教室開業、警備員、動画投稿、株、絵師、将棋、ハーモニカ、ラノベ作家、医薬品登録販売者、仮想通貨、海外一人旅、ネトゲ廃人など、気付けばいろいろやっていました。

-youtube動画投稿, 独立開業記
-, ,

Copyright© 新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.