アウトドアを始めたくて猟師に。面白いと思ったことを発信中

新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ

雑記

30歳になる前にやったこと、やるべきこと18個【三十路】

更新日:

猟師でパソコン先生なカエデです。

29歳を迎えました。

 

【30歳になるまでに】と調べるといろいろな【やるべきこと】みたいな記事が出てきます。

自分もそんな年になったんだなーと思います。

三十路にリーチがかかった今、やっておくべきこと、やりたいこと、結果的にやれたことを私なりに整理し考えてみたいと思います。

 

他の人とはズレたこと書きそうな気がしますが、読んで笑ってもらえれば幸いです。

※3分で読めます

 

ググればわりとなんとかなることに気付く

ググって解決

 

真っ先に思いついたのがこれです。だいたいこれで終わりです。現代人ですね。

困っても気軽に調べることができる。

これは昔にはなかった大きな利点です。ググれば初心者が鹿を捌ける時代です。

これさえ心においておけば気軽に新しいことに挑戦したり、不安を取り除けるため大切です。

○○を知っているのは常識で~ みたいな話を聞いても心配ありません。

そりゃその場で知っているかどうかが問われることもありますが、だいたいはネットで解決できます。

ウェブ検索ではなく、画像や動画で検索するのも直観的にわかるのでおすすめですよ。

 

一つだけで良いから専門分野を持つ

浅い知識は簡単に拾える時代です。

ちょっと検索したくらいでは追い付けないような知識や技術を一つ持っていれば、それがまったく関係ない分野で役に立ったりします。

遊びでも仕事でも何でもOK

狙ってでも結果的にでも、そういった分野が多ければ多いほど良いですよね。

 

リスクには早いうちに自分の考えを確立する

ギャンブル、女、嗜好品…。

他にもソーシャルゲームに課金してみたり、悪質な宗教やマルチ商法に熱心になってみたり。

ギャンブル、酒、女遊びは止めておけとよく聞きますよね。

それなりに長い人生で、それらから完全に無関係でいられるならそれが一番だと思いますが、付き合いや思わぬことから関わり合いになることも出てくると思います。

意外と多いのが、まじめだった人がどっぷりと嵌ってしまうパターン。

私も何人か知っています。

 

家庭などで厳しく抑圧されていた人が大ダメージを負うことが多い気がします。

 

これだけ危険性が説かれているにも関わらず、まじめな人が思わぬ入れ込みから身を崩したりします。

リスクを知り自分なりの見解を持つためにも、金と守るべきものの少ない段階で一度経験をしてみるのは良いことだと思います。

 

私は何でも一度経験してみたいと思うタイプです。

 

マルチ販売の集会に参加したこともあれば、新興宗教の会合に参加したことも、さらには人に言えないほにゃららな経験もあります。

ネットの噂とはまったく異なることも多かったです。

 

一通り手を出してみましたが、少しお小遣いが削られた程度です。

多少熱くなってしまっても、30を超えて熱中するよりははるかに被害が少ないですから、今のうちにちょっとだけかじってみるのはおすすめです。

 

家事、生活力全般を身につける

猟友会所属と積み重ね

あぁ、カップラーメンと目玉焼きなら任せてください。猪や鴨くらいなら捌けますし、納豆たまごかけご飯もプロ級ですよ。

…はい。あとは野菜炒めならなんとか…。はい、がんばります。

今時コンビニとスーパーでなんとかなる!というのも事実ですが、やっぱりちょっとしたときに手早く料理とか作れたらかっこいいですよね。

 

親元で暮らしていると、思った以上に親に依存してしまっていることがあると思います。

もし30を前に一人暮らしの経験がないなら、お試しで3か月くらい一人暮らししてみるのも良い経験になるかもしれません。

 

会計、税について調べておく

定年退職までサラリーマンで、副業をしないのなら関係ないのかもしれません。

ただ、これからは副業が一般的になってくると思いますし、そうでなくとも年金受給者として確定申告をする時も訪れるでしょう。

 

税の申告はキッチリしている部分と、これで良いのかと心配になるくらい良い加減な部分がマダラに存在します。

簡単にですが、世の中の成り立ちについて触れる機会にもなりますので、自分が副業を持っていたら税の計算はどうなるかなどを一度試算してみるのも良いかもしれません。

 

公共交通機関を一通り使えるようにする

バスの乗り方

私はいまだにバスの乗り方がわかりません。

いや、そりゃググればわかりますよ。でもね、なんかね、駄目なんです。意識が。バスの中で必死に小銭を握りしめているんです。

「いつ両替すればいいの!?」ってアワアワしています。

 

海外でトゥクトゥク呼ぶ方がよほど簡単ですよ。

 

普段から公共交通機関をフル活用している人からすれば笑われてしまうかもしれませんが、出先で必要になった時にスマートに利用できるようになっておきたいと思っています。

 

人前に出る

コミュニケーション

職場と家の往復では、どうしても関わる人が限定されてしまいますよね。

無駄に社交的な活動をする必要はありませんが、たまに初対面の人と話してみたりする機会を持つのは大切だと思います。

 

私は家で仕事をすることもありますが、それだけだとしゃべり方を忘れてしまいそうになります。

出張パソコン教室で初めてのお客さんと話したり、投稿した動画から交流を持ったりするなど、時折必要になる人との関りにはずいぶん助けられています。

 

ズボラな自分が多少なりともシャッキリすることができるんですよね。

 

人から見てどう映るか考える

20代前半のころは初対面の誰かに話しかけても、割と気軽に応じてもらえた気がします。しかし今は…。

知らず知らずのうちに怪しさとかいろいろな何かが滲んできているのでしょうか。

飾る必要はないし、自然体で良いと思いますが…。

 

もし自分と同じ姿と性格をした人間が話しかけてきたらどういう印象を持つでしょうか。

たまに鏡の前でイメージトレーニングしてみると良いかもしれません。

 

お金と将来設計をちょっとだけ考えてみる

狩猟の収益化

30歳を前にして、お金の大切さを日々実感している人は多いと思います。

自分の生涯賃金はどれほどで、どれくらいの生活を送ることができて、どれくらいのお金が必要になってくるのか。

 

お金のことばかり考えるのは意地汚いことだという人がいますが、私はそんなことを断言する人は考え足らずだなと思います。

いつどうなるかわからない世の中です。国はあまり頼りになりません。

金という力を自分なりに意識できているかどうかで明暗が分かれるときは高確率で訪れると思っています。

 

まったく考えたことないという人は少ないと思いますが、今一度いつもより少し詳しく計算してみましょう。

現状の悩みについて、何かの閃きを得ることができるかもしれません。

 

両親や家族のことを考える

家族

これまでは自分の上に祖父母という2世代上の人たちがいました。

まだ先があるんだなって思っていました。

 

でも30歳にもなれば、上に一つ、下に一つの世代が中心となります。

子どものころに見上げた大人の世代に片足を突っ込んでいます。

 

自分が子どもの時に親がした苦労を、今度は自分がしなければならない時が来ています。

 

私はおそらく生涯独身な気がしていますが、それでも他人事ではありません。

家庭環境は人により多様化していると思いますが、自分に起こるであろう親族関連のイベントについてゆっくりと準備を進めていく時期かもしれません。

 

家の持つ土地や財産をある程度把握しておく

田舎に住んでいる人は、けっこう高確率で山を所有しています。二束三文ですが。

区画で区切られた街とは違い、田畑を含む家の敷地の境界はあいまいです。

最近は役所も地籍調査を頑張っているようですが…。

 

ひょっとしたら、あなたの家の地下に思わぬ財産が埋まっているかもしれません。

上の世代なら常識でも代替わりすれば分からなくなってしまうことはたくさんあります。

 

ご先祖様が化けて出てこないように、引継ぎは早いうちに済ませましょう。

 

遺書を書く

何かあった時の備えをしておく時期だと思います。

皆さんの周りにも、30歳を迎えることなく亡くなった知人がいるのではないでしょうか。

私は親しい友人が急な心臓の発作で亡くなりました。私以上に元気な人でした。

 

簡単な遺書を用意しておく、早めに生命保険に入るなど、何かあった時の備えが家族を救うことにつながります。

そう言う私もなかなか自分の死んだあとを想像しづらく、いい加減になってしまっている部分もあるのですが…。

 

特に早めに生命保険に入っておけば、一生で見るとかなりメリットが大きいです。詳しくないので説明まではできませんが、私は加入しています。

 

冒険をする、趣味を持つ

猟師は冒険者

一人で海外へ行ってみたり、若いうちしかできないようなスポーツに挑戦してみたり。

若い時にやっておけばよかった…。というような後悔はしたくありません。

思い立ったが吉日。

私は60歳を超えても好きなことをしている自信がありますが、やはり今のうちしか手の出せないことは存在しています。

 

資産運用を考えてみる

余剰資金で5年を超えて運用できるなら、かなり期待値の高い方法がいくつかあります。

刹那的な投資はリスクの塊ですが、貯金と同じ感覚でできるタイプの資産運用なら試してみるのも良いかもしれません。

私は仮想通貨のXRP(リップル)をいくらか寝かせています。

 

頼れる先達を見つける

自分の興味ある分野で一歩先んじている人を探してみましょう。

友人である必要はありません。

芸能人やvtuberで良いと思います。

 

ただのファンでも友人でも、そういった先を行く人は自分に勇気を与えてくれます。

一人で良いからそんな人がいれば良いですね。

 

弱者の立場を知る

気軽な悪口が飛び交う世の中です。

私は狩猟動画を投稿したりしている関係上、どうしても叩いたり叩かれたりといったイベントが多いです。

根も葉もない中傷に凹んだ時、周りを見回せば「あの人もそんな気持ちだったのかな」というようなことがあります。

コンビニ店員に偉そうな態度を取る人がコンビニでバイトをしたことがないように、経験しないと気付きにくいことはあります。

無意識に相手を傷つけてしまうことは誰しもあることですが、できるだけそんなことがないように注意を払える30歳になりたいですね。

 

痩せる、運動する

全てはビールが悪い…。

いや、よく考えれば日常の運動量が減っている。くそう。

健康診断オールAでドヤ顔をしていた人が、いきなりC判定をもらって青褪めるのは30代あるあるだと聞きます。

若いようで若くないこの今を迎え、楽しく健康な生涯を送るために生活習慣には気を付けていきたいですね。

 

社会のルールを知る

社会の動きを知るお中元お歳暮、季節のハガキ、冠婚葬祭、地域の習わしからちょっとしたゴミの出し方まで。

私は親と住んでいますが、ことあるごとに常識を知らないのだということに気付かされます。かーちゃん様様です。

恥ずかしながら、宅急便の出し方とか確定申告の仕方は猟師になってから知ったことです。

そういった一般常識は日々変化していますし、急いで勉強しなくても必要に迫られてから覚えられることではあります。

ただ、なんとなくボヤっとした知識を持っておくだけでも巨大な赤っ恥をかくことは避けられますので、機会があるたびに面倒くさがらずに覚えていきたいですね。

 

さしあたり思いつくことを挙げてみました。いかがでしたでしょうか。

30になるまでにこなすべき通過儀礼のようなものは他にもたくさんあると思いますが…。

いずれにせよ、自分で自分に納得できる人生にしていきたいですね。

 

The following two tabs change content below.

カエデ

兵庫で猟師とパソコン先生をしているカエデです。 アウトドア派に見せかけたインドア&ネット大好き男性です。 29歳になりました。新しいこと、感銘を受けたことにはとりあえず手を伸ばしてみるタイプです。 狩猟、パソコン出張教室開業、警備員、動画投稿、株、絵師、将棋、ハーモニカ、ラノベ作家、医薬品登録販売者、仮想通貨、海外一人旅、ネトゲ廃人など、気付けばいろいろやっていました。

-雑記
-, ,

Copyright© 新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.