アウトドアを始めたくて猟師に。面白いと思ったことを発信中

新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ

youtube動画投稿 独立開業記

youtubeやニコ動でおすすめの投稿時間ガチ解説。いつ、何時。タイミングは?【初心者向け】

投稿日:

youtubeチャンネル登録者数2万4000、ニコ動6000、投稿歴5年です。

今回は動画を投稿する適切な時間について具体的に解説します。

 

まず、投稿時間のことを考えるのは初見の視聴者を獲得するためですよね

どの時間に投稿すれば長く最前列に残るのか?

多くの人に見てもらえるのか?

・深夜なら長く新規投稿の最前列に残りそう。でも人が少ないのではないか。

・夕食時なら人が多いのではないか。でも投稿される動画も多いし…。

・人の少ない時間にポイントを稼いで、ゴールデンタイムでブーストかけて…などなど。

そんなことを考えると思います。

せっかく作った動画が誰にも見られずに流れて消えるのは誰だって嫌ですよね。




結論を先に言うなら・・・

2019年現在、動画の投稿時間と動画の伸びはあまり関係がありません

特にyoutubeはほぼ無関係と言ってもいいです。

 

フォロワーやチャンネル登録者が増えれば、通知の届きやすい時間に投稿し、投稿頻度もなるべく揃えるのがリピーター獲得につながります。

しかし初心者ならいつ投稿してもほぼ同じです。

 

もちろん、初投稿でもハイクオリティの動画を投稿する人はたくさんいます。

それでも初心者を別枠で考えるのはチャンネル登録者を持っていないからです。

 

有名なvtuberは確かに投稿時間を工夫しています。

キッズ向けなら朝、若者向けなら通勤通学の時間帯、あるいは帰宅後のゴールデンタイムに投稿するなど。

 

ただ、あれは既存のファンが定期的に見やすいようにしているのであって、新規獲得のためにやっているわけではないようです。

 

数十万のチャンネル登録者を持つ動画配信者の間でも投稿時間は統一されていません。

フォロワー、チャンネル登録者がいない状態では、そもそも一日の再生数なんてたかが知れています。

そんな状態で初日の数時間の差しかない投稿時間を工夫したところで意味はほとんどありません。

 

ニコ動なら1000円(割引チケットあり)も広告を積めば。

youtubeなら視聴者の再生時間やリアクションしだいで容易く覆ります。

 

投稿した動画が30再生にも届かないなら投稿時間の工夫をする必要があるかもしれませんが、30再生あるならそこから先は投稿した動画の内容次第です。

タイトルやサムネ、動画の冒頭で人目を繋ぎ止める工夫をする方が有益でしょう。

 

新規視聴者の獲得をするために投稿時間の工夫をしようと考えた人は伸びる才能があると思います。

しかし今は投稿時間が重視されることは少ないです。

投稿時間を工夫するよりも、視聴者へ動画が届きやすいように、通知の機会を増やす工夫をする方がメリットが大きいでしょう。

 

ベストな配信時間を無難に分析するなら

【いつ投稿しようがほとんど変わらない】

この結論は変わらないのですが、それだけではあまりにも短絡的ですよね。

なぜ私がそう考えるのか、他にどのような工夫ができるのか掘り下げて分析していきましょう。




まずは自分の動画を視聴する人のことを考える

ターゲット

 

・なぜ投稿時間を考える必要があるのか

より多くの視聴者に自分の動画を再生してもらうためですよね。

俺の動画は人目に触れればもっと伸びる要素があるんだ…!」とみんな考えています。

 

が、初期の視聴者の母数が増えても、せいぜい100再生まで。

そこから上に伸びないなら、伸ばしたいなら別の工夫が必要になるでしょう。

己を知り、相手を知ればなんとやら。

この分析は動画のクオリティを上げることにも繋がります。

 

・ターゲットとジャンルを意識する

人気ジャンルなら、常にジャンルで検索をかけている人がいます。

そのジャンルを検索しているであろう人、つまりは自分の動画を見てほしいターゲット層がいつ検索するかを考えてみましょう。

 

・偉大なる【スコッパー】の存在を意識する

スコッパーとは、読んで字のごとく作品をスコップで掘り起こし一般の視聴者に届けてくれる存在のことです。

だいたいのジャンルには、そのジャンルで新規動画を常に検索している、コアなスコッパーが存在します。

新規投稿の無名動画をチェックし評価する貴重な人々であり、彼らの評価次第で動画の将来が決まります。

動画を伸ばしたいなら、そんなスコッパーに「お、これ悪くない、将来性あるやん?」と思ってもらえる動画を作らなければなりません。

また、そうしてリアクションをしてくれる人を第一に大切にすべきです。

 

私は偉そうなことを書いていますが、ゲーム実況の動画などはあまり伸びていません。

伸びたのは狩猟で銃を扱う動画です。初期の内容はそれはイマイチなものでした。

この場合、狩猟というジャンルそのものにライバルが少なく、かつ銃を扱っているという点がスコッパーの目を引いたのだと考えています。

あなたの動画には、わかる人にはわかる独自性がありますか?

 

テレビと同じように考える

単発の企画で気合いが入ったものはゴールデンタイム。

ドラマやアニメのシリーズものは視聴者層に合わせつつ、決まった時間に定期的に放送。

ディープだったり安かろう悪かろうな作品は深夜にひっそりと…などなど。

あなたの作品はどれですか?

少なくとも投稿自体にコストはかかりません。それなら人の多い時間に投稿する方がベターでしょう。

 

明け方や仕事や学校のある時間は避けるべき。

逆転の発想なんてなかった。

私もニコニコ動画であえての深夜投稿などをやったことがあります。

投稿されるライバル動画の数は確かに少ないです。

ただしそれ以上に視聴者が少なく、ジャンルによっては全く再生されないままゴールデンタイムの投稿ラッシュに押し流されます。




動画サイトごとに評価基準が異なる

ニコニコ動画はランキング制があり、広告やいろいろな手段でのブーストが可能です。

ランキングはジャンルごと、毎時や24時間基準での搾り込みもできます。

 

youtubeは最後まで視聴されているか、視聴者が良いリアクションをしているかが見られています。

視聴者が利用するフィルタも曖昧なもので、実際はyoutubeのアルゴリズムが視聴者の数を決めているのです。

 

以上のことからわかるように、投稿時間の工夫はyoutubeにはほぼ通じません。

逆にニコニコでは、ゴールデンタイムに初期ブーストの絶頂期を合わせるなどの工夫の余地はあります。

 

以上のように、動画サイトによっても最適な投稿時間は異なります。

とはいえ、少なくとも私がいろいろ試した限りでは、一番の過疎タイムである3時から7時ごろを避ければほとんど違いはありません。

 

時間とお金

分散して投稿テストをするのは無意味

短い単発の動画を時間を変えて投稿して~」 なんてアドバイスがありますが…。

同じ動画を投稿するわけではないので、揺らぎが大きすぎます。正直言って意味があるとは思えません。

そして同じ動画を時間を分けて分析するくらいなら、その時間を他のことに使ったほうがよほど可能性があります。

つまり投稿時間に関するあれこれは、投稿を続けているうちに自分なりのなんとなくの基準ができてくるだけのものだということです。

 

同じジャンルの投稿者がいつ頃動画を投稿しているのかを調べてみる

伸びている先人の動画をチェックしてみましょう。

とはいえ、投稿時間を工夫しただけでは先人に差をつけることはできません。

投稿時間の工夫は、どれだけうまくいっても先人と同じ土俵に立てるだけのものです。

 

自分が動画を視聴する時間が最大のヒント

例外はありますが…。

あなたの動画を見に来る人は、あなたと何かしら共通点がある人です。

一般的な生活パターンではなく、あなたの生活パターンを基準に投稿時間を考えるのが良いかもしれません。

あなたの都合の良い時間に投稿すれば、それが自然と視聴者にとってのベストタイミングになり得ます。

モチベやリズムも崩れにくいし、結局は自分の自由な時間に投稿するのが一番なのかもしれません。




予約投稿をするなら、ジャストな時間は避けること

例えば予約投稿ができる動画サイトでは、19時に投稿するつもりなら19時8分以降に投稿しましょう。

ジャンルにもよりますが、ゴールデンタイムの前後5分くらいは他の動画に押し流されて新規動画欄に残れないためです。

19時ジャストを外した19時5分勢をも外すイメージですね。

 

投稿タイミングよりも動画の需要がある時期に投稿することの方が重要

例えば発売されたばかりのゲーム実況を深夜に投稿した場合と、発売されてから1ヶ月が経過したゲーム実況をゴールデンタイムに投稿した場合。

これは深夜に投稿したとしても、新しいゲーム実況のほうが伸びます。

1日の中での投稿時間は、他の要素に簡単に吹き飛ばされるということが言いたいのです。

youtubeで評価されたり、ニコニコで毎時ランキングからデイリーランキングに上がってくる動画は、やはり何かの武器を持っています。

それはコンテンツの内容だけではなく、潜在的な需要のあるジャンルだったり、あるいは単に運を味方につけたなど、本当に様々です。

 

投稿時間を考えるのは受け身の手段。それよりは自分から通知の機会を増やしましょう

投稿時間の工夫は、ターゲットへ自分の動画を通知するための不確定な手段の一つでしかないのです。

意識しないよりはマシ、程度のもの。

不確定な要素に望みを託しあれこれ悩むくらいなら、自分で自分の動画を宣伝してみましょう。

 

・SNSで共有と発信をする

おすすめはツイッターです。

フォロワーが少なくても、#でタグ付けて発信を続ければ、少しずつでも視聴者が来てくれます。

 

・ニコニコ広告による宣伝

ニコニコ広告

ニコニコ動画なら、広告ポイントを試しに3000円くらいぶっこんでみると良いです。もちろん割引チケットは使いましょうね。

それでまったくマイリスが増えないなら、動画そのものに問題があります

他にも自分の動画をどう売り込むか、いろいろ手段を考えてみましょう。

 

おすすめ投稿時間を考えた結論

投稿時間は重要ではない。しいて言うなら人の少ない時間は避けるターゲット層を意識するくらい。

・ただし、同じ時間に定期的に投稿することはリピーター獲得にプラスになる。

投稿時間はおまじないのようなもの。

・投稿時間で悩むくらいなら、タイトルやサムネに悩むべき

・投稿時間で僅かな露出を目指すより、ツイッターでマメに#発信したりして通知を届けよう

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓動画だけでなく、ブログの収益化もしています。↓リンクはこの記事の作成時の動画とブログの収益状況です。

【pv収益2倍に】動画主がブログ始めて3ヶ月の結果とまとめ

よければこちらもどうぞ(*´ω`)




The following two tabs change content below.

カエデ

兵庫で猟師とパソコン先生をしているカエデです。 アウトドア派に見せかけたインドア&ネット大好き男性です。 29歳になりました。新しいこと、感銘を受けたことにはとりあえず手を伸ばしてみるタイプです。 狩猟、パソコン出張教室開業、警備員、動画投稿、株、絵師、将棋、ハーモニカ、ラノベ作家、医薬品登録販売者、仮想通貨、海外一人旅、ネトゲ廃人など、気付けばいろいろやっていました。

-youtube動画投稿, 独立開業記
-, , ,

Copyright© 新米猟師カエデのマルチ狩猟ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.